文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

サンダーズ開幕2連勝 バスケットボールB1 昨季準優勝の宇都宮に86-81 延長で下す 

更新日時:2021年10月3日(日) AM 06:00
 【宇都宮=新井正人】バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)は2日、各地で開幕節を行い、今季昇格した群馬クレインサンダーズは宇都宮市のブレックスアリーナで宇都宮との第2戦に臨み、延長戦の末、86-81で勝利し、開幕2連勝を飾った。第2節はホーム開幕節となり、9、10の両日に太田市運動公園市民体育館で昨季B1優勝の千葉と対戦する。

群馬2勝8619―1781宇都宮2敗
18―15
16―14
17―24
16―11


◎勝負どころで五十嵐3点シュート

 開幕戦に続いて延長までもつれ込んだ第2戦。残り53.9秒で、サンダーズのPG五十嵐圭が放った3点シュートがリングに吸い込まれると、盛り上がるブレックスアリーナの歓声が一瞬やんだ。このシュートで5点差となり、勝負は決まった。五十嵐は「シュートのタッチは良くなかったが、ほかのメンバーがノーマークの状況をつくってくれた。みんなの気持ちが乗り移ったシュートだった」と振り返った。

 試合は開幕戦に続いてSFトレイ・ジョーンズがチーム最多の27得点を挙げてチームをけん引。第4クオーターの残り13.7秒、リードを許す場面で70-70の同点に追い付くレイアップシュートも決めた。新加入のセンターのオンドレイ・バルヴィンらもそれぞれ力を発揮した。

 B1初挑戦ながら、昨季準優勝の宇都宮に開幕2連勝。トーマス・ウィスマンHC(ヘッドコーチ)は「チーム全体がステップアップしており、可能性を感じた。次節の昨季優勝の千葉戦の準備もできており、勢いを続けられるようにしたい」と気持ちを切り替えた。サンダーズの快進撃、「前人未到第2章」は始まったばかりだ。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

宇都宮―群馬 延長でパーカーがレイアップシュートを決めて77点目=ブレックスアリーナ宇都宮